日々のなごはく。

名護博物館ブログ

活動

博物館のお引っ越し3 We are creating a new museum

資料の整理 展示資料の確認は、思った以上に面倒くさい。

博物館のお引っ越し1 We are creating a new museum

新館で展示を検討しているシャチの全身骨格を収蔵庫から運び出し、骨が揃っているかの確認作業が始まりました。 シャチの全身骨格確認

アダン葉で小物入れを作ってみよう!

名護博物館友の会でアダン葉の小物入れを作ってみよう! という話になりました。 アダン葉で作った小物入れ

2019年秋 アカハラダカ・サシバ渡り調査事前学習・情報交換会

忙しい夏が終わったと思ったら、タカの渡りの季節がまたやってきました。 名護博物館と同友の会などのグループは、毎年9月から10月にかけて、北から南へ渡っていくアカハラダカ、サシバのカウント調査(名護岳・嘉津宇岳)を早朝に行っています。よく晴れた…

夏休みこども自由研究 in 沖縄コンベンションセンター 2019

博物館にとって夏は講座、イベント等で大変忙しい季節です。今年は新博物館事業も上乗せされて、目まぐるしい日々を過ごしています。先週末の土日は、宜野湾市にある沖縄コンベンションセンターで開催されたイベントに出展してきました。

ツルヒヨドリの除去作業など

ブログの更新がなかなかできず、少し前のことになってしまったのですが、6〜7月に特定外来生物ツルヒヨドリに関する記事(こちら)がこのブログ内で一番アクセスされていました。 新聞でも何度か取り上げられ、名護市議会でも議題に挙がるなど、数年前に比べ…

ぶりでぃ子ども博物館、はじまりました!

今年もはじまりました!ぶりでぃ子ども博物館! 名護市内の小学生を対象とした、自然や食文化等について学ぶ連続体験講座です。 開講式を含め、これまで第1回、第2回を無事終えました。 トーフづくり講座

夏休みこども絵画教室

毎年恒例!大人気の講座、夏休み子ども絵画教室が開催されました! 夏休みこども絵画教室(名護博物館友の会) 参加者は、名護博物館友の会の具志堅先生から絵を教わりました。 参加者の絵の仕上げを指導する先生 参加者の皆さん、よい絵が描けたでしょうか?…

小学校の幸地川学習 2019 

今年も始まりました!名護博物館のお隣にある東江小学校で毎年行われている幸地川の学習です!学校での事前学習を行ったあと、淡水域(中流)に出かけて生きものを探しました。 出前授業の様子(2019年7月)

羽地ダム鯉のぼりまつり 生きもの探し

今月の4、5日に羽地ダムで行われた「羽地ダム鯉のぼり祭り」で今年も生きもの観察会を行いました。 昨年は、はしかの流行のため祭りが中止だったので、2年ぶりの開催となりました。 観察会を行った場所(羽地ダム下)

アオウミガメの漂着

名護市内のビーチで大きめのアオウミガメの死体が打ちあがっているという連絡が当館にありました。 新博物館建設に関連する業務が多忙でなかなか館外に出られないのですが、合間をぬって現場を確認したところ、甲長が1m強の大きな個体でした。 砂浜に打ちあ…

新年度がはじまりました

新博物館建設に伴って先月末で常設展示の一般公開を終了し、新年後が始まりました。 このようにお知らせすると、「今の博物館はもう壊すんですか?」、「新館はもうできたんですか?」といったご質問をよく頂きます。 新館のオープンは最短で2022年の秋を目…

開館35周年・特別展示・無料公開!

名護博物館は3月1日(金)で開館35周年!(1984年開館) 昨日、名護博物館は開館35周年を迎えました。 これまで支えてくださった市民の皆さんや関係者の方々に深くお礼申し上げます! これまでにもホームページなどでお知らせしてきましたが、新博物館建設に…

2018年秋 タカ渡り調査反省会・情報交換会

夏のように蒸し暑かった先週末から一転して肌寒くなりました。 年末も近づいていますが、年を越えないうちに今年の秋のタカ渡り調査の反省会・情報交換会を行います。 名護岳、嘉津宇岳で今年の秋はどれぐらいのタカが見られたのか、データや写真などで紹介…

名護市の渓流、まだ見ぬ滝 その他いろいろ

暖かい日々が続いている沖縄ですが、さすがに渓流の水は冷たくなってきました。 年内にあと何回も川へ入れないと思うので、時間を見つけては足を運ぶようにしています。 先日足を運んだ名護市東海岸の川の上流では、これまで知らなかった滝に出会いました。

第14回やんばる学研究会 

11月23日に宜野座村立博物館で第14回やんばる学研究会総会・研修大会を開催しました!

秋の嘉津宇岳2018 その7 〜タカ渡り調査終了 海を越えたアサギマダラなど〜

最近記事の更新ができていなかったですが、タカの渡り調査は10月末で無事終了しました。 サシバ(2018年10月22日 名護市勝山)

第14回やんばる学研究会

11月23日(金)勤労感謝の日に第14回やんばる学研究会を開催します。 今回は宜野座村立博物館が会場となっています。多くの方のご参加をお待ちしております。● 日時:2018年11月23日(金)13〜17時(研修会は14時から) ● 場所:宜野座村立博物館● 研修会内…

アーグーのはく製、東京へ!

名護博物館が所蔵しているアーグー豚のはく製が、東京農業大学「食と農」の博物館の企画展で展示されています。名護博物館所蔵のアーグー豚はく製先月半ばに、貸出のため、名護博物館からはく製が運び出されました。 ブタのような大きめのはく製を県外博物館…

秋の嘉津宇岳2018 その6 〜タカ渡り調査 アサギマダラなど〜

ここ最近、朝の嘉津宇岳はすっかり肌寒くなりました。 アカハラダカの姿はほとんど見かけなくなり、メインの対象はサシバになっています。 10月16日には、嘉津宇岳で今年最高の916羽のサシバの渡りをカウントしました(同じ日、名護岳でなんと5,336羽のサシ…

秋の嘉津宇岳2018 その5 〜アカハラダカ・サシバ渡り調査〜

10月7日〜8日は、台風の影響で足止めされていたと思われるタカたちの渡りを見ることができました。 アカハラダカのメス成鳥(2018年10月7日 嘉津宇岳)

秋の嘉津宇岳2018 その4 〜アカハラダカ・サシバ渡り調査〜

今日(10月6日)は、朝からどんよりとした曇り空でしたが、9時前になってようやく晴れ間が広がり始め、渡っていくタカの姿を見ることができました。 名護岳では10月3日からサシバの姿が確認されていますが、嘉津宇岳でも今日サシバの姿を初確認し、16羽の渡…

秋の嘉津宇岳2018 その3 〜アカハラダカ渡り観察会〜

週明けの23日、24日に、嘉津宇岳でアカハラダカの観察会を行いました。 両日とも観察できたタカの数は少なかったのですが、24日は近くで100羽ほどのまとまった群れを見ることができ、参加者のみなさんも歓声を上げていました。 観察できたアカハラダカの群れ…

秋の嘉津宇岳2018 その2 〜アカハラダカ渡り調査〜

ここ数日は天候に恵まれ、名護岳・嘉津宇岳ともに多くのアカハラダカの渡りが見られています。 アカハラダカの群れ(2018年9月22日 嘉津宇岳)

豊年祭シーズン

今月に入り、各地で豊年祭が行われていることと思います。 名護博物館と名護市教育委員会文化課では、毎年市内のどこかしらの豊年祭に写真・動画等の記録をしに出かけます。 (豊年祭で踊る職員も多いのですが!)私たちは、今年は数久田区の豊年祭を見に行…

秋の嘉津宇岳2018 その1 〜アカハラダカ渡り調査〜

毎年行っている秋のタカ渡り調査が先週からはじまりました! 毎朝(7〜9時)、名護岳、嘉津宇岳でこの時期に南へ渡っていくアカハラダカ、サシバの個体数をカウントしています。 私は嘉津宇岳担当で、このブログでは主に嘉津宇岳の状況を紹介していきます。 …

アカハラダカ渡り観察会のおしらせ

今年もアカハラダカの秋の渡りが見られる季節が近づいてきました。 アカハラダカの渡りのピークは、大体9月下旬頃にやってきます。今年も下記のとおり、嘉津宇岳の展望台で観察会を行いますので、ぜひ足をお運びください。【アカハラダカ渡り観察会】 日時:…

アカハラダカ・サシバ渡り調査 情報交換・事前学習会

早いものでもう9月です。 今年もアカハラダカ・サシバの渡り調査の時期が近づいてきました。 朝の上昇気流にのって旋回するアカハラダカの群れ(2016年9月25日 嘉津宇岳)名護博物館と名護博物館友の会は、毎年9月から10月にかけて、北から南へ渡っていくア…

「夏休みこども昆虫標本づくり講座」を行いました!

去年に引き続き、今年も名護市内の児童を対象とした夏休みの昆虫標本づくり講座を行いました。 (去年の講座の様子はこちら) 講座の様子(午後の標本づくり)

「夏休みこども自由研究 in 沖縄コンベンションセンター2018」に出展しました!

夏休みも終わりが近づいていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 博物館にとって講座などで忙しい夏は、あっという間に過ぎ去ろうとしています。今月頭の8月4日(土)・5日(日)に行われた「夏休みこども自由研究 in 沖縄コンベンションセンター」…