日々のなごはく。

名護博物館ブログ

自然―水域

ツルヒヨドリの除去作業など

ブログの更新がなかなかできず、少し前のことになってしまったのですが、6〜7月に特定外来生物ツルヒヨドリに関する記事(こちら)がこのブログ内で一番アクセスされていました。 新聞でも何度か取り上げられ、名護市議会でも議題に挙がるなど、数年前に比べ…

名護自然探しナイトウォーク!

名護博物館友の会のイベントで、名護岳の自然を探すナイトウォークを行いました。 名護岳自然探しナイトウォーク(2019年7月27日)

小学校の幸地川学習 2019 

今年も始まりました!名護博物館のお隣にある東江小学校で毎年行われている幸地川の学習です!学校での事前学習を行ったあと、淡水域(中流)に出かけて生きものを探しました。 出前授業の様子(2019年7月)

新顔の・・・?

新顔の・・・? いかついんだか、ひょうきんなんだか、よくわからない新顔の生きものを飼い始めました。その正体は・・・?

久々に川の水中観察へ

今年に入ってからやんばるの川(水中観察)へなかなか行けてなかったのですが、5月末に久々に足を運んでみました。 アオバラヨシノボリ(2019年5月27日 名護市内)

ナイト(フィールド)ミュージアム

5月に入ってから、何度か名護市内の夜のフィールドに足を運んでいます。4月のはじめにイボイモリの卵を紹介した場所では、ふ化した幼生がたくさんいました。 イボイモリの幼生(2019年5月 名護市内) 顔の横につき出した枝のような外鰓(がいさい)がかわい…

羽地ダム鯉のぼりまつり 生きもの探し

今月の4、5日に羽地ダムで行われた「羽地ダム鯉のぼり祭り」で今年も生きもの観察会を行いました。 昨年は、はしかの流行のため祭りが中止だったので、2年ぶりの開催となりました。 観察会を行った場所(羽地ダム下)

アオウミガメの漂着

名護市内のビーチで大きめのアオウミガメの死体が打ちあがっているという連絡が当館にありました。 新博物館建設に関連する業務が多忙でなかなか館外に出られないのですが、合間をぬって現場を確認したところ、甲長が1m強の大きな個体でした。 砂浜に打ちあ…

やんばるの生きものが活動的に!

4月に入り暖かくなってきました。 前回の記事でリュウキュウアオヘビのことを書いたばかりですが、先日は市内でアマミタカチホヘビの目撃情報がありました。 私はこの時期、市内のイボイモリ(沖縄県天然記念物)の産卵状況を観察しにいくのが恒例になってい…

イボイモリの産卵シーズン到来

3月も終わろうとしていますが、暑かったり寒かったりする日々が続いていますね。 名護市内では沖縄県天然記念物のイボイモリの産卵が始まりました。 イボイモリの卵(2019年3月24日 名護市内) 泥がついていてわかりにくいですが、真ん中に6個ほど卵がありま…

イシカワガエル天国

オキナワイシカワガエル(2019年2月7日撮影 大宜味村) 先日の夜、北谷町の学芸員のFさんと一緒にやんばるの森へ行ってきました。 その日は暖かく、また湿度も高かったので、そこかしこでオキナワイシカワガエル Odorrana ishikawae(沖縄県天然記念物)が鳴…

冬のやんばる 夜の森 2019

寒い日が続いておりますが、少し暖くなったタイミングを見計らって、やんばる(沖縄本島北部)の夜の森に足を運びました。 今はちょうど渓流のカエルたちの産卵シーズンです(過去の紹介記事はこちらなど)。 オキナワイシカワガエル Odorrana ishikawae(20…

名護のリュウキュウアカガエルのシーズン、終了?

今年もやんばる(沖縄本島北部)の渓流性のカエルたちの産卵シーズンがやってきました。 毎年のようにつぶやいていますが、一年があっという間です。12月17日に名護市の数少ないリュウキュウアカガエルの産卵場所に足を運んだところ・・・ リュウキュウアカ…

名護市の渓流、まだ見ぬ滝 その他いろいろ

暖かい日々が続いている沖縄ですが、さすがに渓流の水は冷たくなってきました。 年内にあと何回も川へ入れないと思うので、時間を見つけては足を運ぶようにしています。 先日足を運んだ名護市東海岸の川の上流では、これまで知らなかった滝に出会いました。

名護市の川の風景 2018年秋・後編 〜淡水と汽水の狭間で〜

前編(こちら)で紹介した川から移動して、名護市の東海岸にある川へ足を運びました。 川岸に張り出したオオハマボウやアダン一見、どこにでもありそうな川の風景に見えますが、潜水観察して水中写真を撮るにはちょうどいい場所です。 なぜなら・・・

名護市の川の風景 2018年秋・前編 〜台風通過のその後のその後〜

11月になり、肌寒くなったかと思ったら、ここ数日は暖かい日が続いています。 川の水もだんだん冷たくなってきましたが、まだ20℃は下回っていません。ちょうど一ヶ月ほど前、台風の後の川の風景を紹介しましたが(こちら)、その後どうなったか気になって同…

台風の後のやんばる 川(水中)の景色

題名に景色と書いておきながら、出てくる写真は生きものだけです。 生きものを含めた景色ということで・・・台風通過後からおよそ3日後、やんばる(名護市内)の川に足を運んでみました。 ルリボウズハゼのオス(2018年10月7日 名護市内)流れの急な場所を好…

ポストカード掲載種(エビ)の種名訂正について

去年、沖縄県立博物館・美術館の企画展「やんばるの森の美写真展」に出展させて頂いたことはこちらの記事で紹介しましたが、その際に作って頂いた私の写真のポストカードの種名が間違っているとのご指摘を受けました。該当するポストカードの写真はこちらと…

名護の夜の森で光るトモシビ

先週頭のことですが、名護岳の森でシイノトモシビタケが発生しているという情報が博物館に入ったので、その日の晩に様子を見てきました。 シイノトモシビタケ

名護市内の川の生きもの(淡水域) 2018

今年に入ってから、忙しさを言い訳にほとんど市内の川の潜水調査に行ってませんでした。 少し前のことですが、久々に水中の様子を見てきたので紹介します! 美しいナンヨウボウズハゼのオス (2018年6月 名護市内) Stiphodon percnopterygionus male

小学校の幸地川学習 2018

毎年行っている東江小学校の幸地川の出前授業(去年の記事はこちら)。 小学校での事前講話を終えて、今週から実際に川で生きものを探す学習が始まりました!週末に沖縄本島を通過した台風の記録的な大雨によって、幸地川もかなり増水したようです。 いつも…

バードウィーク!特別展示!

本日5月10日から16日までは、バードウィーク(愛鳥週間)です! 名護博物館では、バードウィークの特別展示として、昨年度に作製したコアホウドリのはく製を常設展示室に展示します。 翼を広げると2m近くになるコアホウドリのはく製

名護市内のイボイモリ卵がふ化!

このブログで最近たびたび登場していた沖縄県指定天然記念物のイボイモリ。 先日の夜、名護市内で卵からふ化した幼生を確認しました。 イボイモリ Echinotriton andersoni の幼生(右) と、リュウキュウルリモントンボ Coeliccia ryukyuensis ryukyuensis …

名護のリュウキュウアカガエルのその後など

去年の12月にリュウキュウアカガエルの産卵を確認した名護市内の川へ、その後の様子を見に行ってきました。 こちらの記事の続きになります。幼生(オタマジャクシ)から変態して上陸したばかりの、ちびっこガエルを見つけることができました! リュウキュウ…

名護のリュウキュウアカガエル、上陸!

12月に紹介した名護市内のリュウキュウアカガエル Rana ulma の産卵(こちら)。 そのとき確認した幼生を数匹持ち帰って博物館で飼育していたのですが、先月末から上陸が始まりました。 リュウキュウアカガエルの上陸(2018年1月31日撮影)

ストップ!ロードキル!イボイモリ注意報

ここ数日暖かい日が続いています。 先週末は、名護市内で見つかったイボイモリ(沖縄県指定天然記念物)の交通事故情報が当館に寄せられました。↓ ややショッキングな写真(車にひかれたイボイモリの写真)が出てきます。

名護博物館・新収蔵品展

平成29年度 名護博物館・新収蔵品展がはじまりました!日時:2017年1月24日(水)〜2月4日(日)10時〜18時 ※ 月曜休館 場所:名護博物館ギャラリー(入場無料)平成28年度・29年度に収集した資料の中から抜粋して公開しています。 どんな資料を展示している…

名護市でリュウキュウアカガエルが産卵シーズン! その2

前回の記事(こちら)のつづきです。 名護市のリュウキュウアカガエルの産卵状況をその後もぼちぼち見に行っています。 前回産卵を確認してから、2週間以上が経ちました。 この日も、1ペアだけですが産卵が確認できました。

名護市でリュウキュウアカガエルが産卵シーズン! その1.5

12月に入ってから、名護市内のリュウキュウアカガエルの産卵状況を観察していますが(こちらの記事)、今のところ1つの川でしか確認できていません。 少し前に足を運んだ市内の川の最上流。 この川は2月の記事(こちら)でも紹介しましたが、源流域に林道な…

名護市内でリュウキュウアカガエルが産卵シーズン!

12月に入って約1週間、先月に比べて急に冷え込んだ気がします。 やんばるの森では、そろそろ渓流性のカエルたちが産卵シーズンを迎える季節です。今年の2月に名護市内のリュウキュウアカガエルのことを記事で紹介しましたが(こちら)、あれからほぼ1年・・…